清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!ホームページは2013年 4月 16日 火曜日に更新しました
【上の宿の風景は昨年の冬の景色です】

清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!は
八ケ岳連峰の南麓・標高1130m 清里高原・牧場通り
広葉樹の杜を一歩分け入った処に佇む四部屋だけの小さな隠れ宿です

「Gute Reise !」とはドイツ語の「良い旅を!」
ドイツの人たちは無類の旅好き
その旅人達を迎え送り出す時にかける言葉
「グーテライゼ!」

清里高原の大自然を楽しむ旅人達の五感に心地よい、そんな宿を目指しています

ヒュッテ・グーテライゼ!ってどんな宿?

ヒュッテの周りのブナや楓など広葉樹達や小さな動植物達が
清里のはっきりとした四季の移ろいを教えてくれます。

建物は外装・内装とも無垢の木の香りがたっぷり、内装の壁は全て珪藻土です

宿屋にとって一番大切なベッドは快眠シモンズベッドです

ご家族・仲間と寛ぐにはやはり和室でなきゃ。。ね!
嬉しい和室も無垢の木と優しい珪藻土
壁一杯の大きな窓からは広葉樹の杜が映画の画面のように広がります

これが楽しみお食事はイタリアンベースのお野菜料理でお腹一杯!


清里高原ヒュッテ・グーテライゼホームページへ訪れていただき
ありがとうございます

お探しの旅情報・宿情報にお役にたてば幸いです







【清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!
Facebookpageはこちらから




Facebookリンク用お気楽ブログも是非ご覧ください




清里高原はお楽しみが一杯♪

高原の遅い春は花も落葉松と広葉樹の新芽が
待ち焦がれたように一斉に高原に輝きます


【 清里お楽しみ情報コーナーへ 】





まずは清里高原ヒュッテ・グーテライゼ
ホームページの道案内より

【旅情報・清里季節情報・このTOPページ】


【 宿のご案内 】

【 ご予約と宿泊ご利用のご案内へ 】

【 お食事のご紹介「美味しい頁」へ 】

【 清里お楽しみ情報コーナーへ 】

【 JR叉は自家用車でのアクセスへ 】

【過去の清里・八ヶ岳旅情報季節情報再録】

 【 メルマガ「 清里の杜より 」再録コーナーへ 】


宿情報・清里の今・八ヶ岳のお楽しみなどブログ・Facebookはこちらから



【 清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!Facebookページへ 】

【 清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!Facebook連動用Blogへ 】

【宿主Facebookアカウントです・是非コンタクトお待ちします】

【 新・ブログ「
筆無精宿主の独り言」へ 】

【 旧・ブログ「 Gute Reise ! の杜から独り言 」へ 】

 オンラインで拙宿へ直接ご予約戴けるようになりました。

【 ご予約と宿泊ご利用のご案内へ 】

是非ご利用ください

ヒュッテ・グーテライゼ!
オリジナル・オンライン予約はこちらから




楽天ポイントを貯めている方
楽天ポイントを使っちゃおうという方は
どうぞ楽天トラベルからご予約下さい

そして楽天トラベルで予約するとオンラインでカード決済ができます
旅は身軽でなきゃね


楽天トラベル予約はこちらから



お電話でのお問い合わせ・ご予約は、

宿主直通電話番号


0551-48-3828
までどうぞ
夜は23時まではいつも大丈夫です
留守電になっていなくて呼び出し音がつづく時
電話に向かって走っているかもしれませんので
もう少し待ってみて下さいね

でもゲストのお食事時間中・準備中は手が離せなくて出ることができなかったら
    ゴメンナサイ・・・

そんな時はFAXまたはメールでお問い合わせくださいね
Faxは専用ダイヤル

045-330-6730

へどうぞ

Eメールは常にチェックしていますのでお気軽にお問い合わせください
info*gutereise-kiyosato.com
(上記メールアドレスinfoとgutereiseの間の*を@に入れ替えてご利用下さい)


それではお探しの旅が良い旅となりますように







【ヒュッテ・グーテライゼ!の最新情報】
 


清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!は
早いもので、 2012年6月1日で開業六周年を迎えました
無事六周年を迎えることができたのは
誰も知らない開業したての宿をNetなどで探し出して戴き
さらに旅のご予定に加えていただいた沢山の旅人の皆様のおかげです




旅人の皆様に拙宿を楽しんでいただき
少しでも皆様の旅の想い出の片隅にいられることは何より幸せなことです
旅人の皆様の旅がより良い旅となったお手伝いが出来たことは
宿主冥利に尽きます

旅人の皆様、ほんとうにありがとうございます


ヒュッテ・グーテライゼ!をご利用下さった旅人の方々の
嬉しい声はこちらから

楽天トラベルの旅人の声






八ヶ岳南麓旅情報
清里高原季節情報






【清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!
Facebookpageはこちらから




Facebookリンク用お気楽ブログも是非ご覧ください








 
【春夏・宿主一押し高原のお楽しみ】


八ヶ岳南麓は懐の広〜い大自然が続いています

ご家族で森を散歩、高原の放牧場を軽いトレッキング

フットパスMAPをたどって野歩き山歩き


さて?
何処を歩けばいいの?
という疑問に
全部応えてくれる
「森の入口」とは?




山梨県立八ケ岳自然ふれあいセンターをまず訪れて下さい

【 八ケ岳自然ふれあいセンター・四・五月のプログラム 】
 

いつもいつもご紹介している山梨県立八ケ岳自然ふれあいセンター
八ケ岳の大自然を楽しむ為のお手伝いをしてくれます
管理運営をしているのは清泉寮のキープ協会

全国から自然を勉強してその素晴らしさを沢山の方々に伝えることを
悦びとする研修生達が様々なガイドをしてくれます
その四,五月プログラムが発表されました

八ケ岳自然ふれあいセンターのホームページより




山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター
春のプログラムのご案内です!

木々の新芽もふくらみ始めて
土からも小さな緑が顔を出し始めました。
生命あふれる八ヶ岳の春を一緒に見つめてみませんか?

●ガイドウォーク〜森のお散歩〜
  不思議な木の実や良い匂いの葉っぱを探したり、
  ふわふわの鳥の羽に触ったり、自然遊びをしたり・・・。
  森や草原を歩いて五感で自然を楽しもう♪

  日程:4月6,7,13,14,20,21,27,28,29日
5月3,4,5,6,11,12,18,19,25,26


  時間:AM 11:00〜12:00, PM 14:00〜15:00
(曜日によって午前と午後があります。
      チラシのカレンダーでご確認ください)

  料金:無料

  定員:20名  ※事前にご予約下さい。





●自然エネルギーで遊ぼう!
  ペレットは小さな木片を固めて作ったエネルギー。
  ペレットストーブに火をつけて燃やし、お茶を沸かしたり
  おやつを作ったりしてみましょう♪

  日程:4月6,7,13,14,20,21,27,28,29日
5月3,4,5,6,11,12,18,19,25,26


  時間:AM 10:00〜12:00, PM 13:00〜15:00
     予約不要。立ち寄り自由です。

  料金:無料





お問い合わせ、ご予約は全て下記まで

山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター (9:00〜17:00)
〒407-0311 山梨県北杜市高根町清里3545
財団法人キープ協会内
TEL:0551-48-2900 









▼ランドネでおなじみ自然を楽しむなら
「ひといき荘アウトドアサービス」

「うわ〜い♪ここ山奥の湖なんだぜ!」



ヒュッテ・グーテライゼ!いちおしアウトドアの楽しみはここのガイドツアー!
山ガールたち御用達・ランドネに紹介されたスノーシューツアーで冬は毎週末満員!
この冬も拙宿ゲスト大興奮でお帰りでした♪

そのひといき荘のGreenシーズンのお楽しみは山カヤック♪
ひといき荘のホームページより



海や川と違って、流れの殆どない湖面を自由に漕ぎます
むしろ漕がずにカヤックで寝てしまってもOK!



湖上でお出しする飲み物や軽食のほか
ランチタイムには、湖畔でガイドお手製の昼食をご馳走させていただきます
湖上でコーヒーを飲みながら
お気に入りの本を持参してしばし読書に耽るのも良いかも




単に浮かぶだけじゃぁもったいない、単に知るだけでもツマラナイ
湖にまつわる話から、湖畔のトレッキングやツアー
前後の観光ツアー等、ご要望に応じていろんなプランをお作りします


山カヤックは拙宿からご紹介もできますし

ひといき荘ホームページから直接ご予約されても同じです
その時は「グーテライゼに泊まるのだ」と付け加えていただけると
「うぉ〜そうでしたか〜」と喜んでいただけるかも・・・


過去のブログから

【 4月22日 】

「コブシ咲くあの丘北国の〜」そうです「北国の春」の一節です
ここ清里の「北杜の春」もやって来ました
ヒュッテ・グーテライゼ!がある清里牧場通りのコブシも
標高の低いエリアは満開です





移住して三回目の春、あれっ?今年コブシ早くないかい?
古くからこの地に暮らす方々も今年は早い!と口々に
三月も、そして四月に入ってからも暖かい日が多く
例年より早く元気な春になりそうです

元気というのもここ二年雪の少ない清里にしても
雪が異様に少なく、春を迎える植物にとって
元気のもとが少なかったと思われます





しかし今年の冬は久々の清里としては大雪の冬でした
「雪解け〜せせら〜ぎ」いい雪解け水が豊富な春です
春の花や新緑はとても元気に良い春が来そうです

宿のまわりにも少しずつ花を植え始めました
勿論勿忘草が中心ですが

植えたそばからどこからともなく蜂がやって来て
美味しそうに花から花へと忙しそうに動き回っていました












▼新緑の清里高原へ

さて、今の季節はご家族友人と春の旅の計画を
楽しくたくらんでいらっしゃることだと思います


新緑本番はゴールデンウィークから始まりました
四月末に続いた暖かい日のおかげで
まだ新芽が準備しているはずのゴールデンウィークには
一斉に芽吹きました

冬景色だった山の杜は一気に芽吹き
落葉松の杜は力強い芽吹きが山で一斉に始まりました
それはそれは生命力です






広葉樹の杜は様々な形の新芽が次から次と芽吹き
可愛らしい新芽達に逢えますよ




その後も新緑の葉々は緑色がこれほど種類があるかと思うほど
山々は緑色の洪水、そして日一日と緑色達は色を深めていきます

杜はエゾハルゼミと鴬とカッコー達の大合唱

そして楽しみな山菜・春野菜

五月二週目から六月一週目と新緑の高原をお楽しみ下さい!








清里の杜より【 杜は水を蓄え 】【 7月7日】


「樹水」って聞き慣れない言葉だと思います
勿論宿主が勝手に付けた名称ですもの・・
屋久島ではこの名前のミネラルウォーターを販売しているようですが・・・
何故今「樹水」?
以前・梅雨の晴れ間の見事に朝日の綺麗な朝が来ました
宿主はウキウキとカメラを持って飛び出たのでした
宿の前の牧場通りを山に向かって走り始めたところ
東側の杜がきらきらキラキラ輝いています。

何だろ?




で、標高1500mまで来て近くの落葉松の杜へ入り込んだら
落葉松の枝葉全てに大量の水が蓄えられていたのです

前の晩の雨雫を大事そうに蓄えていたのです

冬、木樹に雪が固着して樹氷になるように
雨雫が木樹全体を覆っていたのです
それが朝日に輝き水晶でできた杜のようです

きっと落葉松達は喉が渇いていたのでしょうね
今頃もごくっ、ゴクッごくりと美味しそうに呑っているのでしょうね

杜にとって大切な梅雨
この時季にたくさんたくさん天の恵みを美味しそうに呑み
大地と樹にたくさん大切な水を蓄えているのです

機会があったら杜の朝、大木に抱きついてみてください
もしかしたら大地から美味しい水を吸い上げるごくっごくっゴクンと
樹の喉を鳴らす音が聞こえるかもしれませんよ












【 大自然で遊ぶには
   まずは歩きですね 】






清里のフットパスMAP作りが完了しました


「清里フットパス」
 歩くことを通して清里の自然の素晴らしさや
 文化、産物などの魅力を存分に味わって
 いただけるよう既存のコースや一般道を
 アレンジして紹介しています

 清里の豊かな自然の中で今まで
見たこともないような小さな発見や
知り会った人同士が語らいながら
歩く楽しさなどをフィトンチッド効果
いっぱいの新鮮な空気の中で
日々移ろう季節とともに感じながら
歩いてほしいと願っています
そして多くの人が気持ちよく
歩ける清里、人々の集う清里に
なってくれることを目指し地元の方々や
道守さんたちの協力を得て活動しています



清里フットパスコースは15ルート


1;川俣渓谷への小径
2;清里開拓の道(ポール・ラッシュの道)
3;森ミューめぐり・KEEP癒しの森ミュージアム
4;草原とソフトクリームの道
5;清里駅前 ぶらり今昔散歩
6;吐竜の滝コース
7;川俣渓谷ミニトレッキング
8;大ヤマツツジコース
9;羽衣の池・まきば公園コース
10;真教寺尾根コース
    (サンメドウズパワースポットハンティング)
11;きよさと湖と花の森公園
12;滝見の丘と開拓の鐘
13;清里開拓の道(安池ロード)
14;三社参りの道
15;縁結びの山・飯盛山

 

上記ホームページより
 清里フットパスコースのMAPを
 PDFでダウンロードしてお使い下さい


上記ホームページより現在製作が終わっているコースの
ガイド・MAPをPDFでダウンロードしてお使い下さい




2011年 11月末、清里から5kmほど下ったエリアの実踏に参加しました
江戸時代の番所集落はこちらをご覧ください





清里ダム地底トンネル探検はこちらを












【やまねの架け橋 】
 
「やまね」ってご存じですか?
やまねミュージアムホームページを参照しました)


体長8cm 平均体重18g 1本の黒い線 フサフサのしっぽ かぎづめ

ぼくは、やまねのヤマネン

リス君やネズミちゃんたちと似ているけれど、彼らとは違う仲間だよ
日本には数百万年前(人が誕生するより前)から棲んでいて
生きた化石とも呼ばれているんだ

僕たちは貴重ないきものらしいので、天然記念物に指定されているよ
世界には26種類、日本には7種類のやまねがいると言われているんだ

ぼくは甘いものが大好き!花や果実、蜜(みつ)を食べるんだ
トンボやガ、カマキリなどの昆虫も大好物だよ

ぼくは寒い地方では秋から春まで半年もの間、
落ち葉や枯れた木の穴の中で身体をまんまるくして眠る寝坊助なんだ
だから山で寝る、山寝る、やまねって名前になったんだ
冬眠中なんと体温を0℃近くまで下げて動かないんだ

ぼくは小さくて軽いので、木の先の細い枝でも逆さまになって
スケートをするようにスルスルと走り回るんだよ

やまねを守ることは、森を守ること、人を守ることなんだよ
ぼくたちのなかまは、最近その数が減ってきていんだ
なかまたちが生きていくために必要な森が少なくなってきているからだよ

しかも人間は新しい道路が大好きみたいで
清里にもすっごい道路を造ろうと企んだ人たちがいてさ
そんなことしたら親戚やまねに会えに行けないじゃん!
友達やまねとも遊べないじゃん
あ、パパ、ママやまねとも離ればなれになっちゃう!!
「助けてぇ!」

そんな声を聞いてくれたのか、ぼくたちと人が一緒に生きていけるために
やまねミュージアムの湊先生達と建設業者(けんせつぎょうしゃ)の人たちが協力して
「やまねブリッジ」を考え、建ててくれたんだ!





でっかい道路はできちゃったけれどこれで親戚にも会えに行けるし
友達とも遊べるし、なんといってもパパ、ママと離ればなれにならなくて
よかった・・・のかな?
でも、人間のお家が建ってしまう程お金がかかるそうです
葉っぱでよかったら仲間達と募金するんだけどなあ〜

でも安心!湊先生達はもっと手軽に日本中の仲間達のために
あまり葉っぱ、じゃなかったお金がかからないやまねブリッジを考えてくれたんだ


これなら安心!日本中に沢山架けてね




清里にはたくさんの動植物が大自然の世界を保ってくれています
やまねはその中でも代表的なやまねには物語があります
そんなやまねを紹介してくれている「やまねミュージアム」
ゴールデンウィークには画期的なイベントが!!
やまねミュージアムといっても普段は実物を見ることは出来ないのですが
「ナイトやまねミュージアム」として
夜行性のやまねが活動する夜に開館したのです!
拙宿のゲストも夕食もいそいそとおすましになり、ナイトやまねミュージアムへ
さすが夜行性、ガラスケースの中をちょろちょろとすばしっこく走り回っていたとか
ゴールデンウィーク限定だったようですが夏にもやってくれるといいですね









家族四人で貸切!
展望モダン石風呂に大改装!







館内も過ごしやすい環境を増やしました
ヒュッテ・グーテライゼ!の旅人のお部屋とお風呂は
東側の広葉樹の巨木の杜に面しています

大きな窓からは緑の木樹が一杯に広がり
特に朝風呂は朝日が木樹の木漏れ日として降り注ぎ
気持ちいいことこの上ありません

勿論宿主も旅人がいらっしゃらない日はここで
ほっこり過ごすことが大好きです

そのお風呂、普通の家庭用のバスタブでしたのでこの度
二つあるお風呂のうち片方を大改造しました
浴室を外に広げ天然石の家族四人がゆったりと入れるモダン石風呂に!
使っている石はよくある和の温泉風の黒い平板石ではなく
白い平板石です
もちろん人工温泉鉱泉の湯はそのままに
24時間循環ジェットバスです
業務用ボイラーのフィルターと紫外線殺菌でいつもクリーン♪

もちろん浴室照明は調光式、最少限の照明の下ゆったりと過ごして下さい

そしてシャワーにはシーガルフォー・バスシャワーシステムを設置しました
肌荒れやアトピーの原因のひとつに残留塩素があげられます
とくに皮脂の分泌量が少ない女性や子どもの肌は乾燥しやすくバリア機能が弱くなりがち
また、残留塩素は髪のキューティクルを酸化させ
大事な髪を傷つける一因になる女性の敵です!!
シーガルフォー・バスシャワーシステムは
残留塩素をしっかり除去安心してお使いいただけます









拙宿は杜の中で静かな自然環境にありますが
コンビニエンスストアは車で10分ほどかかります
近所に自動販売機もありません。長らくご不自由をおかけしましたが
お部屋で召し上がるジュースお茶のペットボトル、缶ビールなどご用意いたしました
さらにお部屋に小さなものですが冷蔵庫もご用意しましたのでご利用下さい
いつもお部屋にご用意してあるお冷やも浄水器はもちろんシーガルフォー








iPhone・スマートフォンをお持ちの旅人の皆様
ご安心ください
拙宿ダイニングホールはWIFI環境です










【 旅行誌ノジュールに紹介されました♪ 】
 
年間定期購読誌ノジュールに拙宿と清里が紹介されました
2011年7月号の「避暑地で過ごす」コーナーです
ホームページからバックナンバーでご覧いただけます

今の清里の特徴が実によく表現されています
ひと頃の若者ブームにのっかったがちゃがちゃした清里ではなく
どの世代もありのままの自然が楽しめる、そんな清里を紹介してくれています

わたくし宿主かねてよりイチオシおすすめの
日本一の朝を迎えるプロジェクトに
ひといき荘アウトドアサービス
八ヶ岳倶楽部と
ご近所・コートドヴェール
が合わせて紹介されていますよ

ライターの方は実際に拙宿に普通のゲストとしてお泊まりになり
沢山いろいろお話ができました

きっと本心からお気に入りいただけたようです








▼清里高原への旅を検討中の方へ清里観光関連パンフ・チラシ詰め合わせを
お送りいたします

インターネットの時代とはいえ
やはり旅の企ては旅行ガイドやパンフ・チラシですよね
ご家族友人とわいわいがやがや
旅の企ては楽しいですもの
旅はそこから始まっています

ヒュッテ・グーテライゼ!は旅人を応援いたします

拙宿へご予約戴いた方へは勿論
清里高原への旅を検討中の旅人へ
清里の観光関連施設のチラシ・パンフをお送りいたします
拙宿へメールにてお名前ご住所郵便番号明記の上
ご請求下さい

是非懐の広い大自然が広がる八ケ岳南麓へ旅して下さい






▼清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!は清里・朝日ケ丘という地域にあります

清泉寮から続く牧場通り
賑やかな清里の中では別格な静けさ・落ち着いた佇まい

この牧場通り沿いが我が朝日ケ丘班のエリアです
牧場通りをこよなく愛する住民達は
牧場通りのイメージを大切に維持する為に
景観委員会を設置して
景観維持活動を行っています

わたくし宿主も移住してすぐにこの活動に参加
街創りに一役買えることを誇りに思っています

この景観委員会のホームページの更新を
わたくしが及ばずながら引き継ぎました

こちらにも「今の清里」として
清里・朝日ケ丘をご紹介しています

是非ご覧ください






▼晴天率日本有数の清里高原
当然迎える朝は爽やかで滋養溢るる気の中で過ごせます
この八ケ岳南麓で日本一の朝を迎えるプログラムを企画している
日本一の朝プロジェクト、という企画集団があります

その気なるプログラムとは
朝ヨガ プログラム、バードウォッチング散歩 プログラム
森林ノルディックウォーク プログラム
朝Photshot (朝フォト) プログラム
酪農体験 プログラム、モーニングコンサート プログラム
朝アロマ プログラム、朝風呂 プログラム 朝の環境学校 プログラム
等々、またこの春から新しいコンテンツも登場します




▼小海線にハイブリッド車両が世界で初めて営業運転!

 JR東日本が「環境負荷低減」をコンセプトに新造した
 ハイブリッドシステム搭載の車両が、小海線(小淵沢ー小諸間)を
 世界で初めて営業運転しています

  土休日の臨時列車で運転するほか
  平日の定期列車でも使用する予定です。

   ◆◆運行時刻など詳細はこちらから◆◆
 




▼ヒュッテ・グーテライゼ!のお食事はお野菜満載!

   ヒュッテ・グーテライゼ!のご夕食はお野菜中心のお料理が二品!
   その後お野菜のスープ、メインへと続きます
   冬の間は高原のお野菜はしばしおやすみですが
   冬ならではの温野菜サラダなどお楽しみ頂いています

さらに旅のお土産としても是非色々getしたい
というお野菜フリークの方へ

 周辺のお野菜get売り場(JA直売所、道の駅、
 個人の無人販売所等々)をお泊まりの旅人へご紹介いたします。
 チェックアウト時叉はご予約の際その旨お申し付け下さい。





▼ヒュッテ・グーテライゼ!は貸し切りにうってつけ


ヒュッテ・グーテライゼ!は総部屋数四部屋、定員12名様の
貸し切りにうってつけの宿

コーラスの合宿練習
プチ同窓会
(過日四十年ぶりの悪ガキ仲間の集まりがありました
皆さん積もる話が止まず本当に楽しそうでした)
ご親族大集合
ちょっとお勉強の会・某大学のゼミ合宿は毎年ご利用いただいています

オフサイトミーティングは貸切で集中できますよ〜
大きいホテルでミーティングしても宴会場や会議室では
会社の会議室と変わらないし堅苦しいし気が散るし
ヒュッテのダイニングでアットホームなミーティングはいかがですか


心理学の中に、連合の原理と言われる法則があるそうです
メンバーが一緒においしいものを食べ
一緒に心ゆくまで話し合うことが
心地よい体験として心に残ることのようです


等々最大12名様まで
平日は6名様から貸し切り可能です
(学校休み期間、休前日はご相談ください)



▼宿主のブログ・清里高原のお楽しみを綴ってみました

【 清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!Facebookページへ 】

【 清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!Facebook連動用Blogへ 】

【宿主Facebookアカウントです・是非コンタクトお待ちします】

【 新・ブログ「
筆無精宿主の独り言」へ 】

【 旧・ブログ「 Gute Reise ! の杜から独り言 」へ 】

もあわせて是非ご覧ください




▼清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!は
日本野鳥の会協定旅館に加盟いたしました
日本野鳥の会では会報「野鳥」とは別に
ビジュアルフリーマガジン「Toriino」(トリーノ)を創刊しました

とかくマニアックな世界だと思っていたのですが
このフリーマガジンの創刊で会の方向性が多様化し
気軽に野鳥を入り口に自然に親しむことを目的とする方々に
メッセージを送る姿勢に賛同し協定旅館に加わりました

会長をされている柳生博さん
(隣の甲斐大泉は八ケ岳倶楽部のオーナー、ここで会えるかも・・・)
とお話する機会があり
このことをお話ししたらこうおっしゃっていました

「カラスとスズメしか名前を知らなくても
野鳥と親しむ気持ちがあればいいんだよ〜
マニアだけでなく沢山の人に
野鳥と自然に親しんで欲しいんだ」

これからの日本野鳥の会は楽しみです

「Toriino」(トリーノ)は
ヒュッテ・グーテライゼ
にも置いてありますので
お泊まりの際は是非ご覧頂きお持ち帰り下さい

日本野鳥の会会員の方は予約のお電話の際その旨お申し出下さい
お泊まりの際は会員証をお忘れなく





▼いつかは田舎暮らし!

   と、企ていているお仲間の方々へ
   拙宿はログハウスではありませんが木造、外内装も木が一杯!
   内装の壁は全てサメジマの珪藻土を自ら塗りました
   これだけの面積を一人で塗った物件は少ないようです
   珪藻土の心地良さを是非味わって下さい

   ダイニングの床などの塗装はドイツ製自然素材の
   リボスを使っています
   裸足で歩くととても気持ちの良い床です

   などなどご参考になれば幸いです
   また、田舎暮らし情報などもお手伝い出来れば幸いです






それでは「 良い旅を
 」





ヒュッテ・グーテライゼ!オンライン予約はこちらから



それでは、今度の旅が良い旅でありますように

ヒュッテ・グーテライゼ ! は旅人を応援致します

【 宿のご案内 】

【 ご予約と宿泊ご利用のご案内へ 】

【 お食事のご紹介「美味しい頁」へ 】

【 清里お楽しみ情報コーナーへ 】

【 JR叉は自家用車でのアクセスへ 】

【 メルマガ「 清里の杜より 」再録コーナーへ 】


【 清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!Facebookページへ 】

【 清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!Facebook連動用Blogへ 】

【宿主Facebookアカウントです・是非コンタクトお待ちします】

【 新・ブログ「
筆無精宿主の独り言」へ 】

【 旧・ブログ「 Gute Reise ! の杜から独り言 」へ 】

お問い合わせ、旅のご予定のご連絡は

407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545番地1634
清里高原ヒュッテ・グーテライゼ


三井恒夫

tel 0551-48-3828

fax 045-330-6730

叉はEメールにてご請求下さい。

info*gutereise-kiyosato.com

(上記メールアドレスinfoとgutereiseの間の*を@に入れ替えてご利用下さい)





TOPへ戻る